万能の天才」という呼び名をもつ偉人、レオナルド・ダ・ヴィンチ


芸術分野での活躍がよく知られているダヴィンチですが、天文学、物理学、建築学など、幅広い分野を極めていることから、このような呼び名がつきました。


そんなダヴィンチが残した数々の言葉の中から、のび太でもやる気が出る名言を、5個選んでご紹介させていただきます。

レオナルド・ダ・ヴィンチの名言①



1つ目は、こちらです。


人間は、やり通す力があるかないかによってのみ、称賛または非難に値する。


誰もが驚くようなデカいことを成し遂げてやるぞ!


そういった心意気で何かに取り組んだことがある人、もしくは、取り組んでいる人は、多いと思います。


そういった人が、周りから賞賛されるか非難されるかは、それをやり通す力があるかどうかで決まる、という名言ですね。


ここで間違えてはいけないのが、やり通すとは、目標を達成することだけを意味するのではないということです。


本当に死ぬ気で後悔なくやりきったとき、たとえ目標を叶えることができなかったとしても、その頑張りは、周りの人がしっかりと見ています。


この人は本気でこれをやろうとしていたんだと、理解してくれるはずです。


そういった人に、誰が非難の言葉を浴びせるでしょうか。


きっと、その人の頑張りを知らない人は心無い言葉をかけるかもしれませんが、そうでない人は、しっかりと賞賛の言葉をかけてくれるはずです。


やり通すことは、目標を達成することを超えた大切さを持っていると思います。

レオナルド・ダ・ヴィンチの名言②



2つ目の名言は、こちらです。


目は魂の窓である。


よくあるセリフで、「目を見ればわかる」という言葉がありますね。


顔は、人の心情を一番よく表す部位だと思っています。


その中でも、目は特に感情に忠実であると思います。


悲しい時には涙を流すし、怒っている時には赤くなります。


視線や開き方、動きなどで、その人が発した言葉が嘘か本当が、分かることだってあります。


何かを信じて欲しいとき、伝えたいときは、相手と目を合わせることが良いです。


そうすることで、自分の魂が伝わりますし、目を通して心を通わせることだってできるからです。

レオナルド・ダ・ヴィンチの名言③



3つ目の名言は、こちらです。


本当に物事が分かっている人は、大声を出さないものである。


本当に物事を分かっている人は、大声を出さないものそうですが、ものを多く語りません。


あれこれ偉そうに口出ししてくる人は、物事を分かったつもりになって、そのことを人に分からせたいだけなことが多いです。


物事とは、簡単に理解することが難しいことばかりです。


だからこそ、本当に物事を理解している人は、今言葉であれこれ言っても意味がないことも分かるのです。


物事を言葉で分からせようとするのは、難しいことです。


その人を少しの言葉であるべき方向に導き、あとは、自分の生き方を持ってその人に示していく。


そんなことをできる人が、物事を本当に理解し、体得している人だと思います。


あれこれ言う人は、結局2流なのです。

レオナルド・ダ・ヴィンチの名言④



4つ目の名言は、こちらです。


失われうるものを富と呼んではならない。徳こそ本当のわれわれの財産で、それを所有する人の本当の褒美なのである。


徳とは、精神の修養によってその身に得たすぐれた品性のことです。


徳のある人は、信頼され、人に頼られる存在となります。


人はお金を富と呼び、増やそうとします。


なぜ増やそうとするのか、それは、減るものだからです。


金を得ると、自分があたかも凄い人間になったと思いがちですが、それは違います。


なぜなら、簡単に減ってしまうものだからです。


その人の凄さを決めるのは、贅沢したら減ってしまうようなものではありません。


どんな状況になっても揺るがない、徳なのです。


徳のある人は、人を幸せにしますし、何よりそのような人は、困難に陥っても周りから助けてもらえます。


人から助けてもらう、賞賛されるために徳をつむのはダメですが(そんなものはすぐに減ってしまうので)、誰かの役に立ちたい、自分を高めたいと思う心で得た徳は、必ず自分を幸せにしてくれます。

レオナルド・ダ・ヴィンチの名言⑤



5つ目の名言は、こちらです。


苦労せざるものは、幸運に値せず。


本当に、全てはこの言葉に尽きると思います。


「幸せは、歩いてこない、だから歩いていくんだ。」という唄があるように、自分の手で苦労して掴みにかからなければ、幸せは掴むことはできません。


宝くじで3億当てれたなら別ですが(本当は別ではないのですが)、大抵は待っていても幸せは巡ってきません。


このことにどれだけ早く気づき、努力をするかで人生は大きく変わると思います。


スポーツなどをされていた方は分かると思いますが、厳しい練習を耐えたからこそ上手くなれるということが普通であるように、どんなことにおいても、苦労を惜しまず鍛錬に励むことで、幸せ、よろこびを得ることが出来るんだ!という名言ですね。