ラ・ラ・ランドを観た人は、映画の切なさに胸が苦しくなっていないでしょうか。


序盤はあんなに明るい感じで始まったのに、ラストで一気に落とされる感じが、切ないですよね。


この記事では、ラ・ラ・ランドに関する感想を、切ない気持ちをぶつけるがごとく書いていきたいと思います。

ラ・ラ・ランド 序盤の感想 〜最高の出だし〜



ラ・ラ・ランドは、another day of sunによる壮大なダンスシーンから始まります。


ぶっちゃけ、映画のCMなどではあのシーンが多用されていたので、あれは物語の良いところで来る、とっておきのシーンかと思っていました。


まぁ全体の構成を考えると、いきなり冒頭であのシーンを使うというのは、これはミュージカル映画だ!という自己紹介のような感じになって良かったなと思います。


another day of sunは、単に明るいだけじゃなく、歌詞にはそれなりにメッセージが含まれているという話もありますが、あの曲は本当にテンポが良くて、ミュージカル映画にぴったりの曲だと思います。




ミアとセブは、最初はギクシャクしているけど徐々に惹かれ合う感じでした。


恋愛映画の定番って感じで分かりやすかったですね。


丘の上で夕日をバックに歌とダンスを繰り広げるシーンは、2人の関係を観ている人に、より好感づけることができる最高の演出だったと思います。




ラ・ラ・ランド 中盤の感想 〜セブにモヤモヤ〜



ラ・ラ・ランドは、中盤に差し掛かるに連れ、徐々にセブへのモヤモヤした感情を膨らませます。


2人が映画館やプラネタリウムでデートするシーンは、観ていて気持ちが良かったです。


今時のカップルは、映画やプラネタリウムなんていくの?


と思いもしましたが、あれはあれで、いい意味で現代感を薄めて良さをひき立てる演出だったのかもしれません。


確かにあの2人がディズニーとか行ってたら少し萎えます。


それに、あの時2人はお金もなかったでしょうから、旅行に出かけたりすることもできなかったのでしょうね。


そう行ったシーンもひと段落し、セブは友人の誘いでバンドに加入しますね。





バンドは大成功するのですが、それをきっかけに2人はギクシャクします。


あれは完全にセブが悪い!と思います。


夢を追うためにミアに悲しい思いをさせてしまうなら、百歩譲って分かりますが、セブの夢はあくまでも、自分のジャズの店を開くことです。


ミアを思って、バンドで金を稼いでいたとしても、そのことがミアを傷つけてしまっていては、元も子もありません。


あの時セブにガツンと言ってくれる友人が1人でもいればなと、思います。


目先のものに踊らされていることに、なかなか本人は気付けませんよね。


周りが気づき、道を正してあげることが必要です。

ラ・ラ・ランド 終盤の感想 〜別れを決断。切ないラストシーン〜



映画終盤、2人はついに別れを決断してしまいます。


あの冒頭シーンからは考えられない展開ですよね。


何がanother day of sunだ!って感じです。


そして、その後2人はお互いの夢を叶えます。


ミアはアメリカを代表する大女優に、セブは自分のジャズのお店を開きます。


なんだかまるで、お互いがお互いの足を引っ張っていたことを示すような展開ですよね。


結婚をして、子供もできたミアは、ある日偶然セブの店に旦那さんと訪れます。





そこでセブの演奏を訊き、ミアはパラレルワールドに入っていきます。


セブと別れず、そのままずっと一緒に人生を歩んでいたらどうなっていたかという世界ですね。


その世界での2人は本当に楽しそうで、何よりもお互いを大事にし合っている感じがしました。


まさに最高の人生です。


そのことに気づいたミアは、後悔をしたかもしれません。


そしてセブは、ミアとずっと人生を歩んでいたらどれほど幸せだったかを、ミアに訴えかけるように演奏していました。


思えば、この時初めて、2人はお互いの大切さに気付いたのかも知れません。


2人はお互いに想いあっているように見えて、自分の夢、生活などを気にし、どこかで相手を二の次にしていた部分があったと思います。


それに気付かされた時にはもう遅いと言わんばかりのラストの演出は、切ない気持ちでいっぱいになりました。


ラストシーンの解釈は、以下の記事でも書いているので、興味がある方はご覧ください。





でも、私はこのラストシーンは好きです。


記憶にとても焼き付きましたし、何より自分が正された感覚がしたからです。


お前は本当に大切なものを見失っていないか?幸せだと思って歩む人生は本当に幸せか?


と、訴えかけられているような映画でした。


映画だけでなく、アートや芸術作品などは、自分の今を正してくれるような作品が、良い作品だと思います。


作品とは、みる人に影響を与え、その人の人生をより豊かにするものであるべきと思うからです。


だからこそ、アートや芸術作品は、必要なんだと思います。


こういった作品に、一つでも多く出会いたいです。