2018年7月7日に新豊洲駅前にオープンしたteamLab Planets TOKYO DMM.com(チームラボプラネッツ)。


チームラボプラネッツは2016年、すでにお台場で開催されたものです。


なので、すでに2016年にお台場のプラネッツへ行かれた方は、2018年の豊洲のプラネッツへは行かなくていいと思うかもしれません。


しかし、2018年から開催されているのは、2016年のものをさらに進化させたものなんです。


なので、2016年にチームラボプラネッツへ行かれた方でも充分に楽しめる作品が揃っています。


そんなプラネッツへ入場するには、チケットを買う必要があります。


チケットには、前売り券と当日券がありますが、当日券は売り切れてしまうことがほとんどです。


プラネッツに行くには、前売り券を買うのが無難でしょう。


しかし、当日券が一枚も無いということはありませんから、工夫をすれば、買えます。


この記事では、チームラボプラネッツ豊洲の詳細、当日券を最小限の努力で売り切れ前に買う方法などを書かせていただきます。

チームラボプラネッツ豊洲について






チームラボプラネッツは、チームラボが長年取り組んできた、Body Immersiveというコンセプトのもと、超巨大な身体的没入空間の作品群からできています。


Body Immersiveとは、テクノロジーによって、作品とそれを媒介するキャンバスが分離され、キャンバスを変容的なものにすることができることによって、もしくは、連続した動的なふるまいによる視覚的錯覚によって、身体ごと作品に没入させることができるという考えです。


少し難しいので、簡単にまとめます。


絵画の場合、絵とキャンバスは、作品が完成したあとは基本的に変化しません。


しかし、チームラボの作品には、水面という変化がある(絵画でいうキャンパス)ものに映像(絵画で言う絵)が映し出され、その映像がコンピュータや鑑賞者によって変化するIZUMIというものがあります。


つまりBody Immersiveとは、絵、キャンパスを固定せず変化させることで、作品が固定的なものでなくなり、いつしか鑑賞者と作品という境界すらもなくすことができるという考えと言い換えることができます。


チームラボプラネッツとは、人と作品、自分と他人の境界を曖昧にし、自分と世界の関係性を見直すきっかけになればいいという想いから生まれたものなんで
す。

チームラボプラネッツの作品



東京・豊洲で行われているチームラボプラネッツには、基本的に7点の作品があります。


・坂の上にある光の滝




・やわらかいブラックホール




・The Infinite Crystal Univers(ユニバース)




・人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング(IZUMI)




・冷たい生命 Cold Life




・変容する空間、広がる立体的存在




・Floating in the Falling Universe of Flowers




360°、周りだけでなく上も下も映像が楽しめる超巨大空間や、


会場一面が水となっており、素足になって水に浸かって楽しむ作品、


強く叩いて衝撃を与えると、ランダムに色が変化する風船、


連動している専用スマホアプリを開き、いくつかあるアイコンを選んで画面外に向かってスワイプすると、演出を変化させることが可能な作品など、


今まで見たことも体験したことも無いような作品ばかりです。

当日券は売り切れる?



チームラボプラネッツの入場券は、前売り券・当日券があります。


当日券は、開館日は毎日販売しているようですが、数に限りがあるので、売り切れることも多いです。


ちなみに、お台場で行われているもうひとつのチームラボの作品展、”チームラボボーダレス”では、1日の発券数が決まっていて、前売り券が完売したときは当日券の販売は無いです。



 アートとはなにか。
チームラボのお台場の展示はいつまで?季節限定の展示とは?
日本にとどまらず、ワールドワイドに活動し、今や世界中から注目を集めている”ウルトラテクノロジスト集団”、チームラボ。2016年の夏、チームラボは東京・お台場で「DMM...

チームラボプラネッツの当日券を入手する方法



チームラボプラネッツの前売り券は数に限りがあるので、買おうと思った時にはもう売り切れているということもあります。


そんな時は、当日券を購入するしかありません。


当日券が売り切れるタイミングは、日によって左右します。


私がお勧めする、当日券を狙っていく日は平日の雨の日です。


平日は、休日に比べて人も少ないです。


おまけに、平日割引価格でチケットが買えます。


平日の中でも、雨の日は特に人が少ないでしょう。


わざわざ外に出る気にならないからです。


おまけに、外で並ばなければならないかもしれないですし。


どうしても当日券を買いたい方は、平日の雨の日を狙うのが断然お得です。


SNSの投稿などを見る限り、開演時間と同時にチケットを買えるくらいの時間に行けば、ほぼ間違いなく当日券を買えます。

開館時間・アクセス・休館日。チケットの値段など



[開館時間]

平日 10:00〜22:00(最終入場21:00)
土日祝 9:00〜22:00(最終入場21:00)
※2018年12月25日〜2019年1月4日は、9:00〜22:00(最終入場21:00)


[アクセス]

新豊洲駅より 徒歩1分
(ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線)
豊洲駅より 徒歩10分
(東京メトロ有楽町線)


[休館日]

不定期。


[チケット料金]

時期によって変わります。
詳しくは、チームラボの公式ホームページをご覧くだださい。

平日割引を使った大人の値段は、2700円です。

チームラボプラネッツは、2020年秋頃まで開催予定です。